スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋に落ちたつもりが石になっている。

プロパガンダというのは、面白くって格好良くないと意味が無いものだ。
だって、面白さや格好良さで惹きつけて、誘導するものだから。

あまりにも、「面白い」ということに、弱いと感じる。
面白いからといって許してはいけない。
それとこれは別、と考えればいい。
だけど全くできないだろう。そうしてどんどん流されていく。

嬉々としてナチスドイツのコスプレをする日本人と、激怒するドイツ人がいる。
「だって格好良いじゃん」と、「格好いいところだけ」を取り出すことができる自分たちをむしろ誇っている。
ドイツ人からすれば、ただの無知であり無恥である。

しかし、もしかしたら、この「切り離す」という傾向は、日本人の特徴の一つではなかろうか。
他国のものを輸入して要素を部分に切り分けて、アレンジしてしまうのも、この性質のなせる業ではないか。
そして常に自分より下の者を設定して、安寧を装うのも、精神の切り離しでなせることだ。

近視眼だから、よく見えるし、よく分けられる。

面白いことはいいことだ。
面白いことが問題なんじゃなく、皆で同じものを一緒に面白がらなければいけない、という思い込み・強制性が問題なんだ。
それぞれがそれぞれのものを面白がればいい。だけどそれは「淋しい」と云う。
皆一緒じゃなきゃ淋しいという。
皆で食べるご飯の方が美味しい、と云う。
そんなことはない。私は一人で食べた方が気楽で良い。人と一緒だと人に合わせなければいけない。
皆と一緒が楽しいという人は、自分が周りに合わせてもらえる人なのだろう。我が侭でいられるから楽しいのに違いない。

皆と一緒の面白い、そのアイコンが「笑顔」。「笑い」。
だけど、そんなに笑わなきゃいけないものだろうか。
少し過剰ではないか。
もっと真顔で過ごしたい。
真顔の時の方が、もっとちゃんと「面白い」。
気を使っていないから。

「面白い」というのは、もっと個人的なものではないかと思う。
蟻が何かを運ぶのを観察するようなことが、私にとっては面白い、楽しいことなんだ。
淋しいとは思わない。
淋しいって何だ。

淋しいは違和感が生むものだ。
淋しさから遠ざかるために皆、必死で笑っている。
同じものを見て笑う、仲間を探している。
その弱さにつけこむのが、プロパガンダだ。
急所を突かれて、ひとたまりもない。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

プロフィール

うさみみぱんだ

Author:うさみみぱんだ
FC2ブログへようこそ!

お知らせ事項
楽天ダイナミックアド
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
クリック募金・里親募集
クリックで救える命がある。
くろこさん
最新の記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブログランキング
FC2アフィリエイト
ホームページ
QRコード
QRコード
Amazonおまかせリンク(R) ベータ版
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。