スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ居てもいい社会を

こないだのス-パームーンとやら、全くもって普通の大きさ(むしろいつもより小さい?)月だったのだけども、函館と旭川でそんなに違うものなのか。月と地球の距離から比べたら誤差みたいなもんじゃないの?よく分かんないけど。がっかりムーンだった。色は綺麗だったけど。

突然ですが武田鉄矢の「母に捧げるバラード」に関してなんだけども。
あれ、あの歌の台詞、あぁいう感動にどうやったら抗えるだろうと思う。
意味からいったらとんでもないと思うんだけど、あれをそういった視点から見たら怒られそうな世の中なわけじゃないですか(まぁ、百歩譲って「母の思い出がメインだから」という言い訳もたつけども)。
だけどね、やっぱりあぁいったところに、欠陥が顕れてるような気もするんだよね。

仕事=生きがい=誇り=人の存在価値、みたいな。
ただ存在させてくれない社会、みたいな。
震災後にたくさん自殺したの、そういうことでしょ。自他共にしている勘違いが、追い込んでいる。

でもつくづく思うんだよ。人間って、結局、自尊心からは逃れられないんだって。
そして自尊心を維持する為に、働かなきゃいけない、という常識があって、早晩それが多くの人を苦しめると思う。
だって仕事なんかこれからどんどん無くなるだろうから。
70億人分も仕事なんか無いし、ましてや一人分の生活費をペイする仕事も減ってくるだろうと思う。
趣味でやるようになるんじゃないかな。仕事って。
だからより日本人は大変だと思う。自尊心の素失うから。
この価値観を、今からでも早く転換しなきゃいけないと思う。居るだけで人は価値があるということへと。
人を社会の資本だと思っている限り、それは進まないのではないのか。

某党が、労働者の為の政治、とか云ってるけども、もはや周回遅れだと思う。どこまでもセンス無い。分かって無い。
現与党は、非労働者の自尊心のケアをしたから、あれだけの信者を生み出せたんだよ。
これからどんどん非労働者が増える。
「働きたくても働けない」というフレーズは、優しさを装っておいて、自尊心を傷つけている。
あくまで働く方がデフォルトだと、働けない人は「社会のお荷物」ということになる。はっきり云わなくても暗にそう云っている。
そういう価値観から起こったんだよ。障害者大量殺人事件は。
コストを削減したつもりの犯人はヒーローの気分だ。その価値観自体は日本人の大半が共有しているものではないか。

生きる意味、生きる価値、を、まず労働から切り離すことが、今の日本が真っ先に為すべきことだと考える。
その強固な「信仰」をどうにかしないと、何も動かないのではないか。
スポンサーサイト

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

倫理の線

昨日、あるTV番組を観ていたら、ある芸人が興味深い話ををしていた。
漫才の舞台で、共演者をイジって(悪口でウケをとって)いると、どんなにそれまでお客さんが笑っていても、ここを越えたらウケなくなる、引きはじめる「ライン」があるんだと。
それが、自分が想定しているよりもずっと手前の方にあるんだと。その「目に見えないライン」があることが凄く有り難い、そういう、「お客さんの善意」を信頼している、みたいな、そういう話。

この話を聞いて面白いなぁと思うのと同時に、今ネットでよく云われている、TVの(特にバラエティ番組の)劣化というか、悪質化、みたいなものが関連しているのかなぁと思った。

というのは、この「お客さんの笑い声」というのは、TVバラエティにおける「スタッフの笑い声」ではないか。
そして、スタッフの笑い声というのは作り物であり、演者を盛り上げるための嘘。面白く無くても「ここが笑いどこ」というところで無理やり、大きな声を上げて笑う。そのことは演者どころか視聴者もTVをよく観る人は知っていて、ちょっと前までは芸人達がそれを揶揄するようなこともよく云っていた。「スイッチ入れるみたいに笑う」と。
「スタッフの笑い声」は古くはそのまま「笑い屋のおばちゃん」であり、『ドリフ大爆笑』なんかで定番で、効果音としてつけていたことをやはり放送当時は揶揄されていた。
あれがあまりに「ベタ」になってしまったためにより「リアル」へと「そこに生でいる現場スタッフの笑い声」に替わっていったのだろうけども(だから現場スタッフにとっては大変に負担が増えたわけだ)それも直ぐに「嘘もの」になって知れ渡り、そのまま定番になって久しい。

最初は、ちょっと演者を盛り上げるために、それもまた善意みたいなもので始まったのだろうと思う。
しかし、これはあくまで嘘であり営業スマイルであり、好きで舞台を見に来ている「何の義理も義務もない一般のお客さん」のように「見えない良心」にはなりにくいのだろう。
塩分多目の料理を食べ続けるが如く、長い時間をかけて少しづつ少しづつ麻痺していく。その成れの果てが今なのではないのだろうかと、そう思った。

ただのお客さんというのは、基本的には無責任だ。
もちろん場の空気を読んで、そしてせっかく来ているのだし、なるべく笑おうとする。今のこのショーが少しでも盛り上がって欲しいというバイアスは全くないわけじゃないけれども、仕事で給料貰って無理やりなされることとは、自由度が全然違う。
そして、心というのは、行動に非常に影響される。無理にでも何かをしていると、それが心に根付いてくる。

本当は最初は引いていても、ちょっと過激なことでも無理して周りのスタッフが笑う。
TVタレントは、それをガイドとして、あぁこっちが正解か、と認識してそちらへ向かい始める。
過度にタレントに親近感をもっている今の視聴者は、それを浴び続ける。
そんなことが延々続いた成れの果てが、今のTVショーではないか。

しかし、いつか必ず転換が訪れるはずだと思う。
この笑い声のインフレは、きっと崩壊する。
全部嘘だから。
本物が、いつか襲いかかる時がくる。

テーマ : 今日のブログ
ジャンル : ブログ

プロフィール

うさみみぱんだ

Author:うさみみぱんだ
FC2ブログへようこそ!

お知らせ事項
楽天ダイナミックアド
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
クリック募金・里親募集
クリックで救える命がある。
くろこさん
最新の記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブログランキング
FC2アフィリエイト
ホームページ
QRコード
QRコード
Amazonおまかせリンク(R) ベータ版
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。